• 結婚指輪_ImgPic

結婚指輪に二人だけの言葉をきざむ

私たち夫婦は5年前に結婚しました。
彼と私は結婚前に7年以上も交際していたので、交際期間中に結婚式の話や結婚指輪はどこのブランドのものがいいなどといった話をしたことはありました。
しかし彼の仕事が忙しいこともあり、交際が長くなっても結婚の具体的な話はありませんでした。
最初は結婚願望が強かった私も、段々といつになるかわからない結婚を期待しているのも苦しいので、気長に待つようにしていました。
交際して6年がたつ頃に二人の共通の趣味であった海外旅行へ行きました。
今までにもいろいろな国々へ二人で旅行してきたので、その旅行もいつもと変わらない旅行のつもりでいました。
しかしその旅行の最後の夕食の際に彼が突然婚約指輪を渡してくれプロポーズしてくれたのです。
あまりにも突然のことで驚いてしまったのですが、待ちに待っていた彼からのプロポーズにとても感動し、また嬉しさでいっぱいでした。

また一人で一生懸命子運役指輪を用意してくれた彼の気持ちもとてもありがたかったです。
それから日本に帰国し、二人で結婚指輪を探したり、結婚式場を見学する日々が続きました。
最近の結婚指輪は婚約指輪とセットリングとしてつける女性が増えてきているそうです。
指輪はいろいろなブランドのものを見ましたが、やはりずっと昔から憧れていたブランドのものを購入することにしました。
そのブランドの指輪の裏には二人だけの言葉が刻めるサービスがあり、彼は私の指輪の裏に、また私は彼の指輪の裏に相手に贈りたい言葉を刻むようにしました。
いつも身に着けている指輪だからこそ、お互いにあてるオリジナルのメッセージを刻むことができ大変嬉しかったです。
指輪が決まってからは、結婚式場選びをし、式場が決まってからは式で着るウェディングドレスやカラードレス選び、料理の内容を決め、また式で流すプロフィールビデオやオープニングビデオの作成などなど、結婚式までは本当に忙しい日々でした。

しかしいろいろな準備を頑張った甲斐があり、結婚式当日は私たち二人にとってとても素晴らしい、一生忘れられない特別な日になりましたし、出席してくれた友人や親せきも大変楽しんでくれました。
一生に一度しかないであろう結婚式という日がとても記念に残る思い出深い日になったことは、本当によかったなと思っています。
結婚してから5年がたち今ではすっかり指になじんでいる結婚指輪ですが、今でもたまに裏に刻んである夫からの言葉を見返し、初心を思いだすようにしています。

これらかも夫婦で協力し、楽しい家庭を作っていきたいです。
ところで、なんで婚約指輪や結婚指輪は左手の薬指にはめるのか知っていますか?
普段あまり気にしていない方が多いと思いますが、質問されると気になりませんか?
婚約指輪を左手薬指にはめる理由が気になった方はこちらのサイトをご覧ください。
こちらには結婚指輪と婚約指輪の違いが載っているので、気になる方は読んでみてください。