• 結婚指輪_ImgPic

結婚指輪は、日常使いに違和感のないデザインを選びましょう。

結婚指輪が2人にとっての初めてのペアリング、なんて方も多いのではないでしょうか。
女性にとって身近でも、男性にとって指輪は、そう身近なものではないように感じます。
ファッションやお洒落にとても気を使っている男性が増えてきましたが、指輪をつけるのに抵抗がある方は少なくないようです。
かくいう、我が家の主人もそうです。
主人の場合は、お洒落にも無頓着で、指輪なんてまったく興味のないようなタイプです。
結婚指輪の選び方はとても重要となっていきます。
なので、自分はよくわからないから好きにしてくださいと言われ、私が一人でリサーチをし、何点かピックアップをして、最終的に自分で決めてもらいました。

またこちらには婚約指輪の人気ランキングがありますのでこういったサイトを参考にするのも良いでしょう。
私の父親は、恥ずかしいからつけない、などと言ってタンスにしまいこんでいます。
けれど、せっかくの夫婦の証を身につけないなんて…、と常々思っていて、私の旦那様には是非一緒にしていて欲しかったので、指輪をつけたことのない彼もつけやすいようなシンプルで手入れのしやすいものを選ぶことにしました。
その代わりに、半オーダーメイドのタイプの物を選択し、リングの太さやダイヤモンドの大きさなどを自分の好みにして頂きました。

そして、私が特にこだわったのは、内側に誕生石を入れることでした。
主人も私も誕生石が「ペリドット」なので、それをはめ込んでいただきました。
ただ、ペリドットは柔らかい石らしく、あまり小さく加工できないとのことで、それをはめ込むことのできるものという制限があってのデザイン選びでしたが、大変満足のいくものに仕上がったと思います。
ちなみに、なぜ誕生石にこだわったかというと、ペリドットの石言葉は「夫婦の幸福」で2人で身につけるのにはぴったりだと思ったからなんです。
でもその当時、ペリドットの加工は難しいです・・・といって何件か断られてしまいました。
主人はやはり最初は違和感があったり、手を洗う時にいちいちはずしていたりとずっと指が気になっていたようですが、さすがに今では身体の一部のようになっていて、つけたままでも平気になりました。

ただ、一生つけられるものを、と長く使えそうなデザインを選んだつもりですが、年齢を重ねると似合うものも変わってきたり、見る目も変わってきたりするので、一生ものを選ぶのはなかなか難しいかもしれません。
それならばいっそ、その時に気にいった物を選んで、10年ごとなどの節目でまた新たに2人の今までの絆や、これからの未来を話しながら、その年齢に合ったものを選び直してもいいのかもしれません。
こちらのサイトに婚約指輪と結婚指輪のちがいについてかいてありますのでご覧ください。