• 結婚指輪_ImgPic

二人に合った結婚指輪を選ぶことが重要

結婚が決まって決めなければいけない物のひとつに「結婚指輪」があります。
婚約指輪と違って結婚指輪は夫婦二人でつけるもの。だからこそお互いの指に合うものを選ぶべきだと思います。

また結婚指輪の前に贈る婚約指輪のデザインや価格相場などについてはこちらのサイトを参考にしてください。
実際に自分が購入してみてポイントがいくつかあるなと実感しました。
まずはとにかく何個も指にはめてみること。
私が結婚したときには、雑誌で調べたお店を何店も周りました。
そのお店によっても置いてある指輪のタイプが違うので、ひとつのお店で決めずに数店舗周って見てみるといいと思います。
そして実際に探して実感したのが、展示されている指輪をただ見たときと、実際に指にはめて見た時では、全く印象が違うということ。

どんなに素敵だなと思っても、自分の指に合わなかったら意味がないですからね。
ですから、ひたすらに気になったものは指にはめてみました。
もちろん、そのときはパートナーと二人ではめるべきだとも思いました。
自分にはピッタリでも、パートナーには似合わない事も、そしてその逆もある訳です。
そして何個もはめてみている内に、お互いがどんなタイプの指輪が似合うのか分かってくるようになりました。
それと同時に、パートナーがどういうものが好みなのかも分かってきたのです。
そこまでくるとあとは簡単。
選択肢が絞られてくるので、お互いに気に入った指輪を探すことが出来ました。

次のポイントとしては、「ずっとはめていく指輪である」ということ忘れずに選ぶということ。
ファッションリングと違って、その時の流行で購入するのはお勧めしません。
結婚指輪というのはおばあさんになってもはめていくもの。
若いころだけ似合っていても意味がないのです。
石のキラキラはいった可愛いタイプのものもありますが、ではそれをおばあさんになっても似合いますか、と私は常に自問自答しながら選びました。
今は綺麗な指かもしれませんが、数十年後、指も太くなりしわも増えたときに似合う指輪となると、シンプルなものがいいかなと思います。
私自身、石の入った指輪とねじりが入っただけのシンプルな指輪と迷って、後者を購入したのですが、今となっては本当にこちらにしてよかったと思います。
毎日見ていても、数年たった今でも飽きがこないので、よかったなと思うのです。
シンプルなので、汚れもつかずに手入れも楽なのもよかった点です。
常に身に着けていたい指輪ですから、長い目で見てお互いが納得のいく指輪を購入するのが重要だなと思いました。
また、結婚が決まった段階、婚約をしたときに男性から女性にプレゼントされる婚約指輪の人気ランキング
こちらにありますので、参考にしてください。